お客様(依頼者)

K様

仕様(印刷/ホームページ/その他)

結婚式の招待状一式(封筒、招待状、返信ハガキ、案内図)。インクジェット出力。

説明(流れ/ポイント/注意)

個人のお客さまからの結婚式の依頼で結婚式の招待状一式の制作です。

結婚式の招待状から当日披露宴で使うものも一式丸々を全てオリジナルで作るという希望で話が始まりました。

制作にあたりまず何度か打合せして希望や好み等をヒアリング。新郎新婦ともに旅行好きということで制作物のテーマを「旅」に決めご提案。採用となり全て旅にちなんだもので作ることになりました。

まず招待状。皆(参列者)を旅行(結婚式)にご招待という雰囲気でその招待状(チケット)を送るというイメージで航空機のチケットをモチーフにしました。せっかくのチケットデザインなので架空の航空会社を想定して二人のイニシャルから「A&T TOUR」としてマークを入れました。

招待状はエアメール風、中に封入する招待状は4枚綴りのチケット風、返信ハガキも変形サイズでチケットに合わせたデザインに。 遠方から離れた土地での式となるのでアクセスマップもしっかりと作りました。

ただ新郎新婦と同年代の友人達もいればそれなりにご高齢の方もいるということで、砕けすぎたデザインのみではあまり印象も良くないかなということで少し固めをもう1種類制作。こちらは少しオーソドックスな感じにまとめました。サイズも少し小さめのハガキサイズです。

まずエアメール風の封筒ですが、サイズの違う招待状2種類に合わせて封筒も2種類を用意。ラインを入れることでエアメール風にするのですが、名簿も全て入稿済みでしたので宛名入れも同時に行いました。

次に招待状ですが、こちらは航空チケット風に。表紙と裏表紙をつけ中に2枚の4枚でホチキス留めしそれを製本テープで綴じてあります。送る相手の男女でデザインを色分けしてあり、製本テープも同様の色で使い分けてあります。

ハガキサイズの方は二つ折でハガキサイズ、中面に挨拶文と招待文という構成です。
紙はマーメイド。かなり厚めで手触りの強い紙ですのでインクジェットプリンター向きではありませんがこの招待状について手作業の範囲が多いこともあり全てプリンター対応となりました。

この招待状については非常に手間の多い作りですので誰にでもお薦めというものではありません。郵送の料金も定型外なので高めになりますし余程こだわりがある場合でないと採用されづらいものでもあります。そのかわり満足度という点は非常に高いものとなりますし、何より送られた・受け取った相手の喜びが大きい招待状となるのではないでしょうか?

UP